営業スキルが活きるグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 営業スキルが活きるグラフィックデザイナー求人

営業スキルが活きるグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーの求人というと、オフィスの中でパソコンと格闘しながら黙々と仕事をしているイメージを持つ人もいるでしょう。しかし意外と多くの人と交流しながら仕事を進めていく傾向があります。特にデザイン事務所やIT関連の企業のような、クライアントがいて外部からの発注を受けて仕事をしている人はクライアントとの打ち合わせを何度も重ねることが多いです。打ち合わせをする中で、クライアントがどのようなデザインをイメージしているのか、デザインを通じてどのような効果を出したいのかということを理解します。そしてクライアントの求めるものを具現化していかないといけません。そのためには、打ち合わせの中でしっかりとコミュニケーションをとって、相手のイメージを共有する必要があります。

その意味では外注を受けるデザイン事務所のグラフィックデザイナーとして就職するためには、コミュニケーションスキルが要求されると思いましょう。中にはグラフィックデザイナーとしては初めて仕事をするという人もいるでしょう。この場合、例えば以前会社の営業をしていたという人はそのスキルを武器にして就職活動することです。営業スキルも、相手がどのような商品やサービスを求めているのかを聞き出します。その上で、それに見合った商品を提示することで営業活動していくはずです。上で紹介した、クライアントの打ち合わせの流れと大変に通っています。グラフィックデザイナーとしての経験がなくても、営業スキルがその足りない部分をフォローしてくれるかもしれません。

グラフィックデザイナーの求人を見てみると、未経験者でも歓迎する求人もちらほら出ています。IllustratorやPhotoshopの基本的な操作のできることが条件であるケースが多いですが、この条件を満たしているのであれば、求人情報を探してどんどん応募すべきです。自分が過去にどのような営業の仕事をしたのか、営業活動を通じてどのような実績を残せたのか、キャリアの棚卸をしてみるといいでしょう。

もし自分でどのように就職活動の戦略を描けばいいのかわからないというのであれば、転職エージェントを利用してみてください。これまでの実績を見て、キャリアコンサルタントが就活する際に強調しておきたいアピールポイントなどをアドバイスしてくれるはずです。これまで数多くの転職活動をサポートしてきた専門家の意見なので、大変参考になるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.