印刷業界のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 印刷業界のグラフィックデザイナー求人

印刷業界のグラフィックデザイナー求人

印刷会社でグラフィックデザイナーの求人が出ることもしばしばあります。印刷会社の場合、紙媒体を使った宣伝のデザインを担当します。ポスターやチラシ、パンフレットで使用するデザインの制作を任されます。印刷会社によって、どのようなところがクライアントになっているかが変わります。クライアントによって、制作するデザインの感じも変わってきます。印刷会社そのものはもちろんのこと、その印刷会社がどのような会社をクライアントに抱えているかを応募する前にチェックしましょう。

あるところが、エンターテインメント関係の会社をクライアントに抱えています。この場合、舞台やコンサートの宣伝をするポスターや宣伝の制作に携わります。その他には、メーカーをクライアントとして抱えている印刷会社もあります。この場合そのメーカーの製造している商品のカタログやパンフレットのデザインを担当します。百貨店をクライアントとして抱えている印刷会社が、グラフィックデザイナーの求人情報を出しているケースもあります。この場合、百貨店を宣伝するチラシその他の販促ツールの作成を手がけます。チラシは、百貨店の催事場で行われているイベントの宣伝をする目的で製作することもあります。この場合、新しいイベント開催のたびにチラシを制作する形になるでしょう。

印刷工場のグラフィックデザイナーの求人を見ると、やはり実務経験者を歓迎する案件が多いようです。中にはグラフィックデザイナーとしての仕事だけでなく、印刷会社の抱えているクライアントに関係する業界でグラフィックデザインの経験のある人を対象に募集しているケースもあります。ただし一部印刷会社の中には、実務経験のない新卒や第2新卒を対象に求人を出しているケースもあります。ただしこの場合、大学や専門学校などでグラフィックデザインの専門的な勉強をしていることが前提となるケースが多いので注意しましょう。20代を中心に活躍している職場も多く、若い人も積極的に受け入れてくれるような求人もあります。

転職する際に、転職先の空気がどのような感じなのかはやはり気になるところでしょう。もし転職先の職場の雰囲気を知っておきたいのであれば、転職エージェントへの登録をお勧めします。転職エージェントにはキャリアコンサルタントがいて一緒に転職活動していきます。彼らは募集を出している企業を訪れていることが多く、社内の雰囲気にも精通しています。質問をすれば、答えてくれるのでより具体的な職場のイメージがつかめるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.