アシスタントのグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> アシスタントのグラフィックデザイナー求人

アシスタントのグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーとして仕事をしていくために、まずは下積みをしたいと思っている人もいるでしょう。この場合、いきなり自分がグラフィックデザインを手掛けるのではなく、アシスタントとして仕事をスタートさせる方法があります。「アシスタントデザイナー」として求人募集を出している会社もあります。また未経験者歓迎のグラフィックデザイナーの求人の中には、まずはアシスタントとして仕事をしてもらって、徐々に仕事を覚えていってもらうという方針を取っている会社もあるようです。ところでグラフィックデザイナーのアシスタントとは、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

一言で言ってしまえば、雑用を任されることになると思ってください。自分がついているグラフィックデザイナーから、いろいろな指示が勤務中に出ます。その指示通りに仕事をこなしていく形になります。指示される業務は、多種多様です。例えば、Photoshopを使った作業を担当する業務があります。Photoshopで使用した写真の切り抜きやごみ取りなどがあります。

ごみ取りとは、使おうと思っている写真に汚くなっている個所があった場合、そこをきれいに修正する業務です。またIllustratorというソフトを使って、文字の打ち込みを担当することもあります。Illustratorを使った作業には、トレースを任されるケースもあるようです。このようにいろいろな業務を頼まれますので、その状況に応じて何から仕事をすべきかを考えていきましょう。どのような仕事を依頼されるかわからないので、柔軟に物事に対処できる人の方が好まれます。

グラフィックデザイナーのアシスタントの求人を見てみると、正規スタッフとして募集されている案件は少ないようです。アルバイトなどで会社に入って、まずは仕事を覚えます。そして仕事ぶりが評価されれば、グラフィックデザイナーに昇格し、この時に会社の正規スタッフとして雇われるケースも多いです。時給で1000円以上とか、月給18万円程度の条件で求人が出ていることが多いです。アシスタントとはいっても、上で紹介したようにデザイン専用のソフトを使った作業がいろいろと求められます。このため、IllustratorやPhotoshopなどのソフトの基本的な操作はきちんと理解していることが好ましいです。その他には、入稿データ制作に関して専門的な知識があればそのことをアピールしましょう。採用される確率が高まります。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.