50代のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 50代のグラフィックデザイナー求人

50代のグラフィックデザイナー求人

一般的に転職は、年齢が上になればなるほど厳しくなるといわれます。特にグラフィックデザイナーのような、その時々のトレンドをうまく生かしながら仕事をしている人は、年齢が上に行くとなかなか求人情報が出にくい傾向があります。なぜかというと、年齢が上になればなるほど、時代に取り残される傾向がみられるからです。確かに年齢を重ねても、新しいものをどんどん取り入れる人も中にはいます。しかしたいていの人は、若いうちは自然と最先端のトレンドに対してアンテナが鋭かったのですが、徐々に衰えてしまって、新しい時代の感性がわからなくなってしまうケースは多いです。ですから50代以上の人がグラフィックデザイナーに転職をするのは、なかなか難しいものだと思っておくべきです。

ただしもう少し若いうちから工夫をしておけば、転職できるチャンスはあります。どのような工夫をすべきかというと、グラフィックデザイナーの仕事にプラスアルファの仕事を取り入れていくことです。例えば単にグラフィックデザインをするだけでなく、プロデュースも同時に行っていくような仕事もするわけです。このように複数のクリエイターとまとめるような仕事をすることで、まだまだ50代になっても業界から需要が出る可能性もあります。自分のスキルだけでなく、他の人を巻き込んだマネージメント能力を高めるにはどうすればいいかということを考えていきましょう。

50代になってくると、単なる技術的な能力だけではなかなか上を目指すことは難しくなります。より包括的な能力を持っていないと、長く活躍できません。具体的にはコミュニケーションスキルや時代や社会を俯瞰し、分析できるような能力です。先ほども紹介したようにプロデューサーとして、ほかのスタッフをまとめるためにはしっかりとメンバーとコミュニケーションをとって、意思の疎通を図ることが重要です。もし長く業界で活躍したいのであれば、このようなほかのスキルを磨くことを意識しましょう。

50代になってグラフィックデザイナーとして転職をする場合には、限られた情報をいかに広くカバーするかが重要です。そのためには、転職エージェントを活用することも検討しましょう。転職エージェントには、非公開求人も多数募集されています。非公開求人の中に、50代のグラフィックデザイナーも活躍できるような案件が含まれている可能性もあります。まずはキャリアコンサルタントに、転職に関する相談を始めてみるのはいかがでしょうか?


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.