40代のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 40代のグラフィックデザイナー求人

40代のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーの業界を見てみると、比較的若い人が中心となって会社を切り盛りしているケースが多いです。このため、30代半ばごろに差し掛かって就職活動するといっても、なかなか採用してもらえないというケースも多いようです。インターネットに書いてあった事例などを見ても、10社くらいデザイン関連の会社の採用試験を受けても転職先が決まらなかったというケースもあるようです。ましてや、40代になってからグラフィックデザイナーの転職をするといっても、かなり就職活動で苦戦すると思っておいた方がいいでしょう。

グラフィックデザイナーとして転職することは難しいかもしれません。しかしデザインディレクターのような、マネージメントをする業務であれば40代でも転職は可能かもしれません。つまりグラフィックデザイナーが何人かいるようなプロジェクトチームのリーダーとして、スタッフの仕事の管理をする業務です。このようなチームのまとめ役は、年長者の方が調整もしやすいです。

このため、今までの人生経験やデザイナーとしての経験を求める会社も出てきます。実際デザイン関連の会社の他にも、印刷関連の会社でもデザインディレクターの需要は結構あるようです。マーケティングをして、確実に宣伝効果の出そうなデザイン戦略を立てられること、そして制作過程において無駄のないスケジュールのできるマネージメント能力が要求されます。

しかし中には、ディレクターとしてではなく、自分で実際にデザイナーとして現場で仕事を続けたいという人もいるでしょう。その場合には、独立してしまうのも1つの方法です。40代でグラフィックデザイナーの実務経験を持っている人の中には、デザイナーとしてのキャリアが10年以上という人も多いはずです。その場合であれば、自分で仕事を取ってきて結果を出すということも十分可能なはずです。

独立するというと、事務所開きをしないといけない、そのためにはかなりのコストがかかってしまうのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし最近では、SOHOに注目が集まっています。SOHOとは、小さなオフィスで業務をする形態を指します。パソコンがあればグラフィックデザイナーの仕事は可能なはずなので、自宅で業務もできます。自宅であれば、初期コストもほとんどかかりません。しかも通勤する時間も省けるので、効率的に業務も可能です。独立も視野に入れて、転職先を探してみるのはいかがですか?


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.