30代のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 30代のグラフィックデザイナー求人

30代のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーの求人を出しているような広告会社やIT会社、ゲーム関係の会社を見てみると平均年齢が低い会社が多いようです。このため20〜30代のスタッフが中心となって、会社の切り盛りをしているケースも少なくありません。30代で転職したいと思っている人にとっては、選択肢はかなり多いといっていいでしょう。特に2年以上のグラフィックデザイナーの経験を持っている人であれば、転職先を見つけられる可能性は十分あるはずです。マネージメントの仕事を任される可能性もあります。

ここで問題になるのは、実務経験がなくて30代になってからグラフィックデザイナーに転職するケースです。この場合、同じ経験のない人であればより若い20代のスタッフを求める会社が多いです。よって、未経験者で30歳に差し掛かってくるとかなり職を探すのは難しくなると思ってください。また30歳近くになってからグラフィックデザイナーに興味を持って、学校などに行って勉強しようと思っている人もいるでしょう。

しかしもし基本操作ができるのであれば、学校に行く必要はないと思ってください。派遣やバイトの求人情報の中には、アシスタントや見習いとしてグラフィックデザイナーのスタッフを募集している案件もあります。こちらに応募して下積みを積みましょう。そうして実務経験を重ねていった方が、本格的なグラフィックデザイナーになるための足掛かりをつかみやすくなります。もしかするとバイトとして採用してくれた会社が皆さんの働きぶりを評価すれば、正社員として登用してくれる可能性もあるかもしれません。

30代で未経験者のグラフィックデザイナー求人を探すのであれば、有名な大企業に応募をしても難しいでしょう。応募者が多いので、30代で未経験の人はなかなか雇ってくれません。しかし中小のデザインプロダクションは日本中にたくさんあります。このような中小企業であれば、とにかく人材が必要というケースも多いです。最近では徐々に景気も回復していて、仕事の案件数が急激に増加している会社も結構あります。

このため、早急に人材を確保する必要のある会社も出てきています。このような会社の場合、30代で未経験者でも基本的なソフトの使い方のわかっている人であれば、とりあえず採用してくれる可能性もあります。しかしこの場合、かなりのガッツが要求されると思っておきましょう。徹夜などもこなさないといけないので、体力に自信のある人でないとなかなか長く仕事はできないかもしれません。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.