広告業界のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーTOP >> 条件別の求人 >> 広告業界のグラフィックデザイナー求人

広告業界のグラフィックデザイナー求人

グラフィックデザイナーの職場の主要な候補として、広告業界があります。広告業界におけるグラフィックデザイナーの業務は、クライアントが売り出していこうと思っている商品やサービスの広告制作です。いかにして販売したい商品やサービスを世の中に広く使えていくかを考えて、デザイン制作をしていきます。デザイン制作は多岐にわたることもあります。ポスターやパンフレットの制作はもちろんのこと、新聞や雑誌とタイアップして掲載する広告のデザインの仕事が舞い込んでくることもあります。またインターネットを使った広告戦略も、急速にインターネットが情報ツールとして普及したことで重要になってきています。ホームページのデザインをどうするか、アクセスアップのためにどうすべきかを考えながら制作していきます。

広告業界でグラフィックデザイナーの仕事をする場合、クライアントと打ち合わせを何度も重ねるケースが多くなります。打ち合わせの中で、相手がどのような販売イメージを持っているのか、どのようなデザインを希望しているかのイメージを伝えられます。それを具現化していくのが、グラフィックデザイナーの仕事です。うまくイメージが共有できない場合、何度も作成のやり直しをしないといけなくなることもあります。ですから、この打ち合わせでしっかりとイメージの共有をすることが大事です。そこで広告業界でグラフィックデザイナーとして仕事をするためには、コミュニケーションスキルが要求されると思ってください。

広告業界のグラフィックデザイナーの求人を見てみると、実務経験のある人を対象に募集されていることが多いです。未経験者歓迎の求人は、あまり多くはないと思っておきましょう。また年齢制限のかかっているような求人も見られます。すべてではありませんが、35歳までとしている求人もしばしばみられます。30代にさしかかっている人は、早めに転職活動をした方がいいでしょう。気になる給料は、300万円台の後半から500万円程度の求人が多いです。それまでのキャリアやスキルに応じて、個々に給料は決められます。中には1000万円の条件で求人が出ているケースもあります。

給料に関しては、内定の後で条件交渉して決めます。しかしなかなか自分から、給料の希望を出すのははばかられる人もいるでしょう。そのような場合には、転職エージェントに登録することです。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが給料などの待遇交渉をしているので、気にすることなく自分の希望を通せます。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.