グラフィックデザイナーの悩み

グラフィックデザイナーTOP >> 転職の基礎 >> グラフィックデザイナーの悩み

グラフィックデザイナーの悩み

グラフィックデザイナーになろうと思っていても、いろいろな悩みを抱えている人もいます。その中でも多いのが、「実務経験がない自分を雇ってくれる会社があるか?」という悩みです。パソコンが普及したことで、趣味や自分の仕事の延長線上でグラフィックデザインをしている人は多いです。そして「本格的にグラフィックデザイナーとして仕事をしてみたい」と思うようになる人も多いです。しかし、実務経験がないので、果たして採用してくれる会社があるのかと不安を抱く人は少なくありません。

しかし忘れてはならないことがあります。それは、どのグラフィックデザイナーも最初はだれもが、未経験者だったということです。ですから未経験であっても、就職できる可能性は十分にあります。また趣味でも友達に頼まれて、グラフィックデザインを手掛けているのであれば、それは十分武器になります。求人情報に応募するときには、その作品を添付して応募してみましょう。作品を評価してくれれば、それだけでも十分採用される可能性はあります。

またグラフィックデザインの専門的なことは未経験でも、それを補うようなアピールポイントを探せば、就職活動に有利に働く可能性はあります。では具体的にどのようなことをアピールすればいいのでしょうか?例えば、接客業をしたことはありませんか?一見グラフィックデザインと関係ないような感じがしますが、接客業をしていたことは有利に働く可能性があります。というのもグラフィックデザインはクライアントがいて、クライアントの要望を取り入れながらデザインするものです。そこで何度もクライアントと打ち合わせを重ねて、作品を作っていきます。このためグラフィックデザイナーとして活動するためには、コミュニケーションスキルが要求されます。接客業をしているということは、このコミュニケーションスキルを持っているとアピールできるわけです。デザインのセンスやソフトを使いこなせる能力だけが、グラフィックデザイナーのすべてではありません。

グラフィックデザイナーに転職をする時に、いろいろと他にも悩みを抱えるケースも出てくるでしょう。そのような時のために、転職エージェントに登録することをお勧めします。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントがサポートしてくれます。彼らは求人情報の紹介だけでなく、転職の悩みの相談にも乗ってくれます。不安なことがあれば、どのようなことでも構わないので相談することが大事です。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.