グラフィックデザイナーの履歴書

グラフィックデザイナーTOP >> 転職の基礎 >> グラフィックデザイナーの履歴書

グラフィックデザイナーの履歴書

就職活動をする時に欠かせないのは、履歴書です。職務経験のあるなしに関係なく必要になります。クリエイターの仕事の中でも、グラフィックデザイナーは高い人気のある職種といわれています。このため、応募者が殺到する案件もあります。そこで他の応募者の履歴書に埋もれないように、個性的な履歴書を作成する必要があります。グラフィックソフトの知識やスキルなどの実務面をアピールすることはもちろん大事です。そのほかにも、自分にはデザインセンスがあるということもうまくアピールすることがポイントになります。

経験やスキルに関して記述する際には、自分にはどのようなスキルがあるかを整理してPRすることが大事です。グラフィックデザイナーに応募するためには、グラフィック系のソフトの使用経験のあることは必須の条件です。その中でも、PhotoshopやIllustratorといったソフトの経験は必要なので、使えることを明記しましょう。またクライアントとの打ち合わせが求められるケースも多くなります。そこで、コミュニケーションスキルなども要求されますので、能力のあることをアピールできるのであれば、履歴書でアピールしたいところです。グラフィックデザイナーとしての実務経験を持っているのであれば、作品の実績や成果なども整理してアピールすることです。

職歴のある人は、履歴書の中でも記入することです。グラフィックデザイナーは、センスやスキルはもちろんのこと、どの程度の経験を有しているかも重要なポイントです。作品はもちろんのこと、仕事の中でもどのような役割を担当したのか、作った作品に関してどのような評価を得たのかについて記述しましょう。グラフィックデザイナーとしての経験がない、もしくはまだキャリアが浅いという人はなかなか実績でアピールできません。そこで経験を補うようなアピールポイントがないのかを考えましょう。

履歴書には、個人情報を入力する欄があります。この部分も決して手抜きをしないことです。例えば、住所は市区町村から書いてしまいたくなるかもしれません。しかし都道府県から一切省略することなく記入してください。集合住宅に住んでいるのであれば、マンションやアパート名も明記することです。メールアドレスを記入する欄には、パソコンのアドレスを記入することです。携帯電話やスマートフォンのアドレスは絶対に入力しないことです。複数台パソコンを所有している人は、オフィシャルのアドレスを記入してください。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.