グラフィックデザイナーの資格

グラフィックデザイナーTOP >> 転職の基礎 >> グラフィックデザイナーの資格

グラフィックデザイナーの資格

グラフィックデザイナーになるために資格は必要でしょうか?結論からいうと、医者や弁護士のようにこの資格がないと絶対に仕事ができないというものはありません。しかしより良い作品を生み出すために必要な能力を証明できる資格があった方がいいでしょう。雇う会社やクライアントからの信頼度が高まります。会社としても即戦力であることがわかるので、採用しやすいメリットもあります。では具体的にどのような資格を取得しておいた方が、グラフィックデザイナーとして就職するには有利でしょうか?

まずは、色彩士検定を取得するといいでしょう。文字通り、色彩に関する専門的な知識や色の取り扱い能力を考査するための試験です。グラフィックデザイナーの他にも各種デザイナー、アーティスト志望の人が受験します。全国美術デザイン専門学校教育振興会が主催している試験で、受験資格は特にないので誰でも受験は可能です。DTPエキスパートも、グラフィックデザイナー志望の人が受験することの多い資格です。印刷の基本的な知識やDTPというコンピューターを使ったグラフィック制作の能力を確認する試験です。印刷やコンピューター、それに関係するアプリに関する学科試験と課題が与えられるので実際に制作する試験があります。日本印刷技術協会という社団法人が主催している試験です。

現在グラフィックデザイナーは、先ほど紹介したDTP使って作業するのが一般的です。このDTPに関する知識について考査する試験に、DTP検定種があります。こちらもグラフィックデザイナーとして活躍したいのであれば、取得しておきたい試験といえます。DTP検定種の試験はデザイナーやクリエイターのような、よりプロフェッショナルな領域に関する知識について問う試験で構成されています。ワークスコーポレーションが主催している試験で、特に受験資格などは設定されていません。

もしこれから本格的にグラフィックデザイナーとして活躍してみたいと思っているのであれば、以上の資格を取得しておきましょう。そうすれば、転職活動を有利に進められる可能性も高まります。また転職活動をする際には、転職エージェントを活用することもおすすめします。希望する職場の条件を伝えれば、キャリアコンサルタントがそれに見合った求人情報を見つけてきてくれます。結構わがままな条件でも対応してくれますので、希望する条件はすべて伝えてみましょう。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.