グラフィックデザイナーの志望動機

グラフィックデザイナーTOP >> 転職の基礎 >> グラフィックデザイナーの志望動機

グラフィックデザイナーの志望動機

グラフィックデザイナーとして仕事をするためには、まずは書類選考をクリアする必要があります。書類選考の中で、履歴書や職務経歴書を作成することになるでしょう。その中で必ず記入しないといけない欄として志望動機の項目があります。グラフィックデザイナーに限ったことではありませんが、この志望動機は書類選考の中で重要になります。ありきたりな文章にならないように注意してください。では志望動機を作成するにあたって、どのようなところにポイントを絞ればいいのでしょうか?

グラフィックデザイナーの特徴として、仕事の領域が広範囲であることを理解しておきましょう。印刷媒体中心ですが、媒体と呼ばれる会社であれば応募できるような感じです。そこで、まず自分がグラフィックデザイナーになりたいと思った、どのような媒体のどのようなデザインに関心を持ったかを考えてみましょう。そのデザインを例にとって、どのようなところに魅力を感じて、仕事を志望するようになったのかという論理で組み立てていくと志望動機の作成がしやすいです。また将来へのプランに関しても説明しておいた方が、前向きな印象を見ている人に与えられます。つまり、自分がグラフィックデザイナーとして仕事することになったら、どのような作品を作ってみたいのか、どのようなデザイナーになりたいのかということをイメージしてみて志望動機の中に取り入れてみましょう。

グラフィックデザイナーといわれると、何か感性だけで仕事をしているイメージを持っている人はいませんか?確かにデザインのセンスは重要なポイントではあります。しかしクライアントの意図を理解して、そのイメージを具現化するためにどのようなコンセプトにすべきかという組み立ても重要になります。論理的な思考やクライアントを納得させるためのプレゼンスキル、言葉による表現力なども要求されるわけです。自分にはこのような能力を持っているということも、志望動機の中でさりげなくアピールすることも採用に向けてプラスになるでしょう。

自分ではどのような志望動機がいいのか、よくわからないという人もいるでしょう。その場合には、転職エージェントを利用してみるといいでしょう。キャリアコンサルタントがサポートしてくれます。その中で、履歴書や職務経歴書を作成するときにどのようなことに注意すべきかのアドバイスをしてくれます。中には添削などをしてくれる転職エージェントもありますので、専門家の指導を受けてみるといいでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 グラフィックデザイナー求人ガイド All Rights Reserved.